• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

灰谷健次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1934~2006]小説家・児童文学作家。兵庫の生まれ。小学校教諭を経て昭和49年(1974)に「兎の眼」を発表。人権や社会問題などについての発言も積極的に行った。他に「太陽の子」「ひとりぼっちの動物園」など。

灰谷健次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
兵庫県神戸市
生年月日
1934年10月31日 さそり座
没年月日
2006年11月23日(享年72歳)