• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

為永春水の解説 - 小学館 大辞泉

[1790~1844]江戸後期の人情本作者。江戸の人。本名、鷦鷯貞高 (ささきさだたか) 。号、2世南仙笑楚満人・狂訓亭主人など。式亭三馬の弟子となり、江戸の町人生活や男女の情痴世界を描いて人情本の形式を確立。天保の改革で風紀を乱したとして手鎖の刑を受け、憂悶 (ゆうもん) のうちに病没。著「春色梅児誉美 (しゅんしょくうめごよみ) 」「春色辰巳園」「春告鳥」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉