• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熊坂長範の解説 - 小学館 大辞泉

平安末期の伝説的盗賊。奥州へ下る金売吉次を襲おうとして、美濃国赤坂(あるいは青墓 (あおはか) )の宿場で牛若丸に討たれたという。謡曲「熊坂」や浄瑠璃などに脚色されている。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉