• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熊谷直実の解説 - 小学館 大辞泉

[1141~1208]鎌倉初期の武将。武蔵国熊谷の人。はじめ平知盛に仕えたが、のち源頼朝に仕え、一ノ谷の戦い平敦盛を討った話は有名。建久3年(1192)所領争いに敗れ、自ら髪を切って法然の門に入り、蓮生 (れんじょう) と名のった。