• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

片岡仁左衛門の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。延宝期(1673~1681)の若女方豊島春之丞の弟、片岡仁左衛門に始まる上方で最も古い家系。7世以後の家号は松島屋。

(7世)[1755~1837]京都の人。敵役 (かたきやく) で名を挙げたが、女形も兼ね、所作事にもすぐれていた。
(11世)[1857~1934]江戸の生まれ。8世の子。前名、我当。和事実事敵役老け役と芸域が広く、新作でも活躍した。
(13世)[1903~1994]東京の生まれ。11世の子。前名、我当。芸域の広い立役で、特に上方の世話物にすぐれ、上方歌舞伎の伝統保持に努めた。

片岡仁左衛門の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
東京都
生年月日
1882年9月9日 おとめ座
没年月日
1946年3月16日(享年63歳)
別表記
片岡 東吉 二代目片岡土之助 四代目片岡我童
役者・俳優
出生地
東京都
生年月日
1903年12月15日 いて座
没年月日
1994年3月26日(享年90歳)
別表記
片岡千代之助 松嶋屋 十三代目片岡仁左衛門

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉

出典:gooニュース