• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牧野信一の解説 - 小学館 大辞泉

[1896~1936]小説家。神奈川の生まれ。私小説「父を売る子」で登場。のち、幻想的作風に転じた。他に「ゼーロン」「鬼涙村 (きなだむら) 」など。

牧野信一の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
神奈川県
生年月日
1896年11月12日 さそり座
没年月日
1936年3月24日(享年39歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉