• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

犬養健の解説 - 小学館 大辞泉

[1896~1960]政治家。東京の生まれ。毅 (つよし) の子。はじめ白樺派の小説家として活躍。第二次大戦後は第四次・五次吉田内閣の法相を務め、造船疑獄事件で指揮権を発動。

犬養健の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の政治家、小説家。元首相犬養毅の三男。
出生地
東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)
生年月日
1896年7月28日 しし座
没年月日
1960年8月28日(享年64歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉