犬養毅の解説 - 小学館 大辞泉

[1855~1932]政治家。岡山の生まれ。号、木堂。第一議会以後、連続17回代議士に当選。藩閥打倒を主張して立憲国民党を結成、憲政擁護運動の先頭に立った。昭和4年(1929)政友会総裁。昭和6年(1931)、政友会内閣の首相。昭和7年(1932)の五・一五事件で軍人に射殺された。

犬養毅の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
備中国賀陽郡庭瀬村(現・岡山県岡山市川入)
生年月日
1855年6月4日 ふたご座
没年月日
1932年5月15日(享年76歳)
別表記
木堂 いぬかい つよき いぬかい こわし 仙次郎