• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野元信の解説 - 小学館 大辞泉

[1476~1559]室町後期の画家。正信の子。漢画様式に土佐派大和絵の手法を取り入れて両者の融合を図り、次代の桃山障壁画における狩野派の画風と活躍の基礎を築いた。作品に大徳寺大仙院客殿襖絵の「山水花鳥図」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉