狩野尚信の解説 - 小学館 大辞泉

[1607~1650]江戸初期の画家。京都の人。木挽町 (こびきちょう) 狩野家の祖。通称、主馬。探幽の弟。江戸に出て幕府御用絵師となった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉