• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野山楽の解説 - 小学館 大辞泉

[1559~1635]安土桃山時代から江戸初期にかけての画家。近江 (おうみ) の人。名は光頼。豊臣秀吉に画才を認められ、狩野永徳に学んで、豊臣・徳川家関係の障壁画を数多く描いた。画風は桃山障壁画様式の豪壮さに装飾性を加えたもの。京にとどまり、京狩野派の祖となった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉