• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野常信の解説 - 小学館 大辞泉

[1636~1713]江戸前期の画家。尚信 (なおのぶ) の長男で、木挽町 (こびきちょう) 狩野家2代目。探幽没後の狩野派を代表。古画の模写にも努め、「常信縮図」は貴重な資料。