• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野探幽の解説 - 小学館 大辞泉

[1602~1674]江戸初期の画家。鍛冶橋狩野派の祖。京都の人。名は守信。幼名、采女 (うねめ) 。孝信の長男。永徳の孫。江戸に出て幕府御用絵師となり、桃山時代の豪壮豪麗な様式に対して、瀟洒 (しょうしゃ) 、淡白な画風を特色とし、江戸狩野派繁栄の基礎を築いた。