• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野正信の解説 - 小学館 大辞泉

[1434~1530]室町中期の画家。伊豆の人。狩野派の祖。師の宗湛 (そうたん) の跡を継いで室町幕府の御用絵師となり、水墨画を中心とする漢画大和絵を使い分け、その現実的で平明な画風が好まれて、狩野派の基礎を築いた。