狩野芳崖の解説 - 小学館 大辞泉

[1828~1888]日本画家。山口の生まれ。幼名、幸太郎。別号、松隣・勝海など。狩野雅信に学び、狩野派の伝統を受け継ぎ、明治初期、フェノロサに見いだされ、日本画革新運動の強力な推進者となった。東京美術学校創立に尽力。絶筆「悲母観音」は近代日本画の代表作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉