• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

猪瀬直樹の解説 - 小学館 大辞泉

[1946~ ]ノンフィクション作家。長野の生まれ。政府税制調査会・行政改革断行評議会・道路関係四公団民営化推進委員会などの委員を歴任。平成19年(2007)東京都副知事に就任、平成24年(2012)より翌年まで東京都知事。西武鉄道グループを描いた「ミカドの肖像」で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。他に「天皇の影法師」「日本国の研究」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース