• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

猿橋勝子の解説 - 小学館 大辞泉

[1920~2007]地球化学者。東京の生まれ。昭和18年(1943)より中央気象台(現気象庁)勤務。昭和29年(1954)の米国ビキニ沖水爆実験を機に、大気・海洋の人工放射性物質研究を行い注目される。昭和55年(1980)「女性科学者に明るい未来をの会」を創設。→猿橋賞

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉