• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玄昉の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[?〜746]奈良前期の法相 (ほっそう) 宗の僧。大和の人。俗姓、阿刀 (あと) 氏。霊亀2年(716)入唐し、天平7年(735)帰国橘諸兄 (たちばなのもろえ) のもとで吉備真備 (きびのまきび) とともに権勢を振るい、藤原広嗣 (ふじわらのひろつぐ) の乱を招いた。のち失脚し、筑紫 (つくし) 観世音寺左遷され、当地で没。

[宗教・思想]の言葉

[仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。