• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

玄翁心昭の解説 - 小学館 大辞泉

[1329~1400]南北朝時代の曹洞宗の僧。越後の人。総持寺の峨山韶碩 (がざんしょうせき) の法を継ぐ。諸国に布教中、下野 (しもつけ) 那須野の殺生石を打ち砕いたことで知られる。源翁心昭。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉