玉菊の解説 - 小学館 大辞泉

[1702~1726]江戸中期の遊女。江戸新吉原の太夫をつとめ、才色兼備で諸芸にすぐれた。