• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

王夫之の解説 - 小学館 大辞泉

[1619~1692]中国、明末・清初の思想家。衡陽(湖南省)の人。字 (あざな) は而農 (じのう) 。号は薑斎 (きょうさい) 。船山先生と称された。清軍の南下に抵抗したが、のちに隠退して学問著述に専心、各方面にわたる研究を残した。その強い民族思想や、独自の気の思想は、後世に大きな影響を及ぼした。著「周易外伝」「張子正蒙注」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉