• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

王弼の解説 - 小学館 大辞泉

[226~249]中国、三国時代の魏 (ぎ) の思想家。山陽(河南省)の人。字 (あざな) は輔嗣 (ほし) 。幼くして高名をはせ、何晏 (かあん) とともに玄学(老荘の学)の始祖といわれる。著「周易注」「老子道徳経注」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉