• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田代三喜の解説 - 小学館 大辞泉

[1465~1537]室町末期の医師。武蔵の人。号は範翁・廻翁など。後世方 (ごせいほう) 医学の祖。明 (みん) に渡って医学を学び、帰国後は鎌倉、足利、古河と移って医療に従事。弟子に曲直瀬 (まなせ) 道三がいる。