• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田岡典夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1908~1982]小説家。高知の生まれ。フランスから帰国し、俳優学校で学んだ後に作家活動に入る。郷里の土佐を舞台とした時代小説で知られる。「強情いちご」およびその他の作品で直木賞受賞。他に「しばてん榎 (えのき) 文書」「小説野中兼山」「権九郎旅日記」など。

田岡典夫の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
高知県
生年月日
1908年9月1日 おとめ座
没年月日
1982年4月7日(享年73歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉