• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田沼意次の解説 - 小学館 大辞泉

[1719~1788]江戸中期の幕臣。遠江 (とおとうみ) 相良 (さがら) 城主。第10代将軍徳川家治の側用人から老中となり、幕政の実権を掌握。積極的な経済政策を進めたが、賄賂政治が横行し、子の意知 (おきとも) が城内で斬られてのち、勢力を失って失脚。