• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

畠山政長の解説 - 小学館 大辞泉

[1442~1493]室町中期の武将。幕府の管領 (かんれい) 。畠山持国の養子となったが、持国に実子義就 (よしなり) が生まれたので追放された。のち、家督をめぐって義就と抗争を続け、応仁の乱の一因をつくった。