白井権八の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1679]江戸初期の鳥取藩の武士。本名、平井権八。江戸の遊女小紫に迷い、辻斬 (つじぎ) りをして処刑された。歌舞伎浄瑠璃などに脚色され、特に歌舞伎では幡随院長兵衛がからんで登場することが多い。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉