白居易の解説 - 小学館 大辞泉

[772~846]中国、中唐期の詩人。太原(山西省)の人。字 (あざな) は楽天。号、香山居士。「新楽府 (しんがふ) 」など、平易流暢 (りゅうちょう) な詩で、もてはやされた。日本の平安文学に影響を与えた「長恨歌 (ちょうごんか) 」「琵琶行」の詩は特に有名。李白杜甫韓愈とともに「李杜韓白」と並称された。選集に「白氏文集 (はくしもんじゅう) 」。