• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白洲次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1902~1985]政治家・実業家。兵庫の生まれ。正子の夫。企業役員などを経て、第二次大戦後は吉田茂の側近としてGHQとの折衝などに当たる。昭和23年(1948)貿易庁初代長官、昭和26年(1951)サンフランシスコ講和会議全権委員顧問。吉田退陣後は再び実業家として活躍。

白洲次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、その後日本テレビ社外役員、東北電力の会長などをつとめるなどした官僚、実業家。芦屋の名家に生まれた趣味人としても知られ、ゴルフとクルマ、食、野球を愛した、戦後日本におけるプレイボーイの原型。
出生地
兵庫県
生年月日
1902年2月17日 みずがめ座
没年月日
1985年11月28日(享年83歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース