• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白石一文の解説 - 小学館 大辞泉

[1958~ ]小説家。福岡の生まれ。一郎の子。昭和58年(1983)文芸春秋に入社、編集部員などを経て平成15年(2003)に退社し、文筆生活に入る。「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞し、初の親子受賞となった。他に「どれくらいの愛情」「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」など。

白石一文の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
福岡県福岡市
生年月日
1958年8月27日(61歳) おとめ座
別表記
瀧口明