• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

白隠慧鶴の解説 - 小学館 大辞泉

[1686~1769]江戸中期の僧。臨済宗中興の祖。駿河の人。号、鵠林。勅諡号 (ちょくしごう) 、神機独妙禅師・正宗国師。信濃飯山正受庵の道鏡慧端の法を嗣 (つ) ぎ、故郷の松陰寺に住持した。京都妙心寺の第一座ともなったが、のち、諸国を遊歴し、禅の民衆化・革新を遂行。詩文・禅画もよくした。著「夜船閑話」「遠羅天釜 (おらてがま) 」など。