• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百武裕司の解説 - 小学館 大辞泉

[1950~2002]天文家。長崎の生まれ。鹿児島で平成7年(1995)から翌年にかけて二つの新彗星を発見。特に平成8年(1996)発見のものは地球に接近し、世紀の大彗星となった。→百武彗星

[地学/地学の人物]カテゴリの言葉