相模の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の女流歌人。相模守大江公資 (おおえのきんより) の妻であったことからその名がある。脩子 (しゅうし) 内親王に仕え、多くの歌合に参加。家集に「相模集」がある。生没年未詳。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:gooニュース