相阿弥の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1525]室町後期の画家。真相とも称した。号、松雪斎・鑑岳。能阿弥の孫、芸阿弥の子で、同じく足利義政の同朋衆となり、「君台観左右帳記 (くんだいかんそうちょうき) 」の大成に尽力。諸芸に秀でたが、特に水墨画にすぐれた。→三阿弥

出典:青空文庫