矢田部良吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1851~1899]植物学者・詩人。静岡の生まれ。東大教授。号、尚今。植物標本を収集、分類学の基礎を築き、「日本植物図解」を著す。明治15年(1882)井上哲次郎外山正一と「新体詩抄」を刊行、新体詩運動の先駆をなした。