• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石上宅嗣の解説 - 小学館 大辞泉

[729~781]奈良後期の廷臣。大納言。万葉集に和歌、唐大和上東征伝経国集に詩がのっている。私宅に多数の漢籍を置いて亭 (うんてい) と称し、好学の人たちに開放したのが、日本の図書館の最初といわれる。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉