• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石原慎太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1932~ ]小説家・政治家。兵庫の生まれ。俳優石原裕次郎の兄。「太陽の季節」で芥川賞受賞、「太陽族」は流行語となった。他に「処刑の部屋」「化石の森」「」など。昭和43年(1968)参議院全国区にトップ当選。同47年衆議院に転じ、環境庁長官、運輸大臣を歴任。平成7年(1995)議員辞職。同11年(1999)から24年(2012)東京都知事。

石原慎太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家、小説家。1956年、デビュー作「太陽の季節」が芥川賞を受賞し、一躍、日本の文学界期待の新星として注目を浴び、同作の映画化で役者デビューし、その後、日活の映画スターとなる弟、裕次郎と共に注目を浴びる。68年からは政治家に転身し環境庁長官た運輸大臣をつとめた後、1999年から13年に渡り東京都知事をつとめた。
出生地
兵庫県神戸市
生年月日
1932年9月30日(86歳) てんびん座
血液型
AB型
別表記
石原都知事 石原 愼太郎

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース