• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石原裕次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1934~1987]映画俳優・歌手。兵庫の生まれ。芥川賞作家石原慎太郎の弟。映画「太陽の季節」でデビュー。「狂った果実」「嵐を呼ぶ男」などで一躍スターとなる。歌手としても「銀座の恋の物語」などの主題歌や「夜霧よ今夜も有難う」などで人気を博した。

石原裕次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

昭和を代表する日本の映画俳優にして歌手。1956年、22歳のときに流行作家の兄・慎太郎のヒット作『太陽の季節』の映画化作でデビューを飾ったのをきっかけに、以降、『狂った果実』『嵐を呼ぶ男』などのヒット作を連発し、映画界最高の人気スターとなる。渋い歌声で歌手としてもヒット曲多数。1987年に52歳の若さでこの世を去った。
出生地
兵庫県神戸市須磨区
生年月日
1934年12月28日 やぎ座
没年月日
1987年7月17日(享年52歳)
血液型
A型
別表記
裕ちゃん タフガイ

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉

出典:gooニュース