石橋湛山の解説 - 小学館 大辞泉

[1884~1973]政治家。東京の生まれ。東洋経済新報社に入社し、自由主義的立場から普通選挙論などの論陣を張った。第二次大戦後、蔵相・通産相を歴任。昭和31年(1956)石橋内閣を組織したが、約2か月で病のため総辞職。中国やソ連との交流促進に尽力。→岸信介

石橋湛山の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
東京府東京市麻布区芝二本榎(現・東京都港区)
生年月日
1884年9月25日 てんびん座
没年月日
1973年4月25日(享年88歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉