• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石牟礼道子の解説 - 小学館 大辞泉

[1927~2018]小説家。熊本の生まれ。水俣 (みなまた) 病市民会議を結成、「苦海浄土 (くがいじょうど) 」で患者の代弁者として水俣病を描く。続く「天の魚」「神々の村」で水俣病三部作を完成。他に「西南役 (せいなんのえき) 伝説」「おえん遊行」「十六夜 (いざよい) 橋」など。

石牟礼道子の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
熊本県天草郡河浦町(現・天草市)
生年月日
1927年3月11日 うお座
没年月日
2018年2月10日(享年90歳)

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉