• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石田三成の解説 - 小学館 大辞泉

[1560~1600]安土桃山時代の武将。近江 (おうみ) の人。幼名、佐吉。豊臣秀吉に才知を認められて五奉行の一人となり、太閤検地など内政面に活躍。文禄4年(1595)近江佐和山城主となり19万4千石を領したが、秀吉の死後、関ヶ原の戦い徳川家康に敗れ、処刑された。

石田三成の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1560年
没年月日
1600年11月6日(享年40歳)
別表記
佐吉 石田三也

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース