• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石田梅岩の解説 - 小学館 大辞泉

[1685~1744]江戸中期の思想家。石門 (せきもん) 心学の始祖。丹波の人。本名、興長。小栗了雲に師事。実践的倫理思想をわかりやすく説き、町人層に歓迎された。著「都鄙 (とひ) 問答」「斉家論」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉