• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

祇園南海の解説 - 小学館 大辞泉

[1677~1751]江戸中期の漢詩人・文人画家。紀伊の人。名は瑜 (ゆ) ・正卿 (せいけい) 。字 (あざな) は伯玉。木下順庵の門下。紀伊藩の儒官。中国、元・明の文人画風を学び、日本文人画の開拓者とされる。著「詩学逢原」「南海詩訣」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉