• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

祇陀太子の解説 - 小学館 大辞泉

《「祇陀」は、梵Jetaの音写》中インドの舎衛 (しゃえ) 国波斯匿王 (はしのくおう) の太子。所有の祇陀林を、須達 (しゅだつ) 長者とともに釈迦 (しゃか) に献じ、そこに祇園精舎 (ぎおんしょうじゃ) が造られた。誓多。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉