• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神崎与五郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1666~1703]赤穂義士 (あこうぎし) の一人。美作 (みまさか) の人。名は則休 (のりやす) 。下級武士ながら和歌・俳句をよくした。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉