• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

祥啓の解説 - 小学館 大辞泉

室町中期の画僧。字 (あざな) は賢江。号、貧楽斎。祥啓は諱 (いみな) 。建長寺の書記を務めたことから啓書記ともよばれる。芸阿弥に水墨画を学び、山水画にすぐれた。生没年未詳。