• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

福田恆存の解説 - 小学館 大辞泉

[1912~1994]評論家・劇作家・演出家。東京の生まれ。恆存は「こうそん」とも。芸術院会員。保守派の論客として平和論・憲法問題・国語問題などに評論活動を展開。演劇人としては現代演劇協会を創立、劇団「」主宰。「シェイクスピア全集」の翻訳で岸田演劇賞。評論に「人間・この劇的なるもの」、戯曲に「キティ颱風 (たいふう) 」「総統いまだ死せず」など。

福田恆存の解説 - SOCKETS人物データベース

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲の翻訳で知られる人物。
出生地
東京府東京市本郷区湯島(現・東京都文京区湯島)
生年月日
1912年8月25日 おとめ座
没年月日
1994年11月20日(享年82歳)
別表記
福田恒存 ふくだ こうそん

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉