空海の解説 - 小学館 大辞泉

[774~835]平安初期の僧。真言宗の開祖。讃岐 (さぬき) の人。俗姓、佐伯氏。諡号 (しごう) 、弘法大師。延暦23年(804)入唐、翌々年帰朝。高野山金剛峰寺 (こんごうぶじ) を建立し、東寺(教王護国寺)を真言道場とした。また、京都に綜芸種智院 (しゅげいしゅちいん) を開いた。詩文にもすぐれ、書は三筆の一。著「三教指帰 (さんごうしいき) 」「十住心論」「文鏡秘府論」「篆隷 (てんれい) 万象名義」「性霊集」など。遍照金剛。

その他
出生地
讃岐国多度郡屏風浦(現・香川県多度津町)
生年月日
774年7月27日 しし座
没年月日
835年4月22日(享年60歳)

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース