• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

竹内式部の解説 - 小学館 大辞泉

[1712~1768]江戸中期の神道家。越後の人。名は敬持。号、羞斎 (しゅうさい) ・周斎・正庵。式部は通称。垂加神道を学び、京都で公家に尊王論を説き、追放(宝暦事件)。のち、明和事件に連座し、八丈島に流される途中、三宅島で病死。