• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

竹添進一郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1841~1917]外交官・漢学者。肥後天草の生まれ。号、井井 (せいせい) 。明治15年(1882)朝鮮弁理公使。甲申 (こうしん) の政変に関与。のち、東大教授。著「左氏会箋 (かいせん) 」など。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉